Original

腰痛除去の為に手術? 後戻りはできません。手術する前にできる事。

腰痛に悩んでいる人は、日本で2000万人以上いるそうです。
その内の一部の人は、手術を決断します。
誰も手術を第一希望には、しないと思います。
たぶん、色々とリハビリや施術などを試した結果、痛みが取れ
ない。どうしようもない気持ちで整形外科医に相談します。

検査結果を見ながら先生は言います。「手術をすれば、貴方の
場合、痛みが改善する可能性はあります。」
決して完治するとは言いません。ところが患者は精神的にまい
っているので、この言葉に反応します。私もそうでした。
藁をも掴みたい気持ちで相談しているのです。
手術の可能性に託してみようと、弱い人間は良い方に解釈して
しまうものでしょう。

目次

1)腰痛除去のために手術する?

2)手術した体験

3)腰痛歯科の意見

1)腰痛除去のために手術する?

実を言うと、知識の増えた今だから言える事ですが、腰痛は手
術の対象ではありません。

手術の対象は、腰から下に麻痺がある場合、排尿、排便に障害
がある。その原因が脊髄の圧迫と診断される場合のみです。
(腫瘍などの稀なケースは除いて)

したがって外国に目を向けると、腰痛での手術適応はないよう
です。日本でも腰痛は手術適応外として、手術を行わない大学
病院、総合病院は増えています。

2)手術した体験

2012年に突然、激しい腰痛になりペインクリニック、理学
療法(マッケンジー体操)をしてきましたが、かなりの痛みが
残っていました。そこで2014年8月、腰椎の外科手術を決
意しました。

わたしの場合、足の指先に麻痺、足首の筋力低下があったので
腰椎の手術適応のケースでした。つまり、脊髄の圧迫があった
という事です。

手術名は椎弓切除術といいます。難しく聞こえますが、要は腰
部脊椎の管の内面、比較的広範囲に削るという意味です。

内視鏡で手術しました。この術式の権威は当時、帝京大学医学
部の教授、出沢あきら先生です。テレビなどでご覧になった方
も多いと思います。
早速、大学に問合わせると、すでに申し込みは受け付けていま
ん。キャンセル待ちも受け付けていません。という答えでした。
一説には、その時点で6年待ちというウワサまでありました。

困った私は考えました。名人がダメなら一番弟子がいいだろう。
こうして調べると三軒茶屋の整形外科の部長、吉原潔先生にた
どり着くことができました。先生は現在、違う病院で活躍され
ています。

吉原先生の診断では、腰椎の3,4,5番部に狭窄があり、5
番の下方左側から内視鏡でアプローチすると、言われました。
入院期間は個人差はあるが、おおよそ2週間。手術翌日からリ
ハビリを行う予定と説明を受けました。

私の手術は個人的な話なので、入院中の大部屋で同室した人達
の事を報告します。
結論は各個人で術後の経過、つまり痛みの有無には差がありま
す。一日中一緒にいて、盛んに話す訳ですから手に取るように
疑似体験できます。
20歳台の腰椎椎間板ヘルニアの患者は、翌日に退院していき
ました。また、手術の経過が芳しくない方が、隣のベッドにい
て、毎夜ぐちを聞れました。これには閉口しました。

私は幸運にも麻痺は解消し2週間で退院できました。吉原先生
に感謝します。
退院後、リハビリが大事と思い趣味でもある里山ハイキングに
出かけました。そこでも間欠跛行が出るので、しゃがみ込んで
しまいます。
しゃがんでいると、山歩きの人は親切で「大丈夫ですか」と声
を掛けてくれます。「腰の手術後のリハビリ中なんです」と答
えると「そうですか、頑張ってください」と言って去ってゆく。
これが度々なので、背中にリハビリ中とプラカードを貼ろうか
と真剣に考えたほどです。

これで数か月頑張りましたが、痛みは改善しませんでした。

手術そのものは、痛み、発熱などなく、成功と思います。
なんども言いますが、腰痛は手術の適応ではありません。この
事を自でいった経験談です。

その翌年、再び同じ先生によって手術しました。なぜなら、腰
痛は手術の適応ではない。このことを知ったのは2度目の手術
の後だったのです。まさに迷える子羊と言えるでしょう。

手術の結果、全く痛みの消えた人も同室の中にいました。これ
こそ腰痛治療の難しい所です。心の問題はあるのでしょう。

3)腰痛歯科の意見

お話してきた通り、腰痛が手術によってなくなる、なお残って
しまう。どこが違うのか。この理由は解りません。
一般の整形外科病院のホームページを見ると、腰痛の原因は今
なお手術によって改善すると言っている病院は、沢山見受けら
れます。

わたしの仮説としては、患者の腰部の筋肉量が多く手術による
瘢痕によって筋肉が受けた損傷(大きければ痛みが出やすい)
の体積率が小さく、術後のリハビリテーションによって、血流
栄養の供給が良くなったと、考えます。
つまり、整形外科が得意としている骨や関節の問題ではなく、
筋肉に問題があるという事です。

したがって、瘦せ型で筋肉量の少ない人は予後がよくないので
はないでしょうか。
そう考えると、筋肉量が減ってくる高齢者ほど予後が芳しくな
くなると思います。

これに当てはまる人は、手術はより慎重に考えてほしいです。

さくらの花の咲く日を夢見て

どき きよみ

どき きよみ

東京都江東区門前仲町 どき歯科医院院長  6年前から現在まで、腰痛と格闘中です。今は自らできる方法で治療中。凝り性なので、腰痛アカデミー(緩消法)のインストラクターになりました。 体験からエビデンスまで歯医者の目線で書いています。  口臭、くいしばりなど歯科に関連する記事もぜひ読んでください。

お問い合わせ

貴方の未来を応援したいです。 知っている事はお伝えします。 楽しく生きましょう。

「腰痛歯科」とは

未来を目標にする貴方は、素晴らしい人です。そんなアナタにとって危機管理は大きなテーマですね。いざという時、健康は頼りになる味方です。口臭 くいしばり 口呼吸 腰痛など不安は無い方がよいですよね。そうして、貴方は持ち前の行動力で目標を実現するのです。桃太郎の話「常に最悪を想定して、最高の準備をする。鳥のキジのように情報を察知して、行動する。」これが明日からのアナタの姿です。いずれにしても、アナタのユメの実現に私も参加させてください。たのしく生きましょう。 
グッドブレス.ジャパン!  

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

企業情報

腰痛歯科口臭サプリサプリ副作用サプリ有害サプリ怖いサプリ試すサプリ試し方くいしばりくいしばり治療くいしばり対処腰痛治療腰痛治療法3た療法腰痛治療方針3た治療認知行動療法サプリ死亡サプリ検査高級サプリ舌ギザギザ口臭治療口呼吸力み解消肩こり解消くいしばり解消ミャンマーゲーム力み食いしばり力みのサイン囚われ食いしばり対策健康一般ようつう腰痛歯科コーディネーショントレーニング脱力呼吸null腰痛治療エビデンスエビ固め大野智マウンティングパピー作戦EBM腰痛歯科日本人世界一の日本人口臭口臭強い口臭マナー肩甲骨はがし肩の脱力肩の柔軟性脱力友達吉田類所ジョージ呼吸口臭ニンニク臭い口臭テスター嗅覚感応テスト口臭口臭センサータバコ婚活合コンエチケットマナータバコ臭体臭太田和彦危機管理ビジネスマナー異性にもてるよう腰痛腹巻水平足踏み緩消法口臭婚活b口臭エチケット歯科治療インプラントインプラント問題点インプラント禁忌歯牙破折インプラントの落とし穴よい歯医者とは破折歯破折歯保存治療再生治療歯医者の誠意インプラント事故インプラント問題点インプラント反対歯根破折歯保存治療重心重心中心軸古武術合気道人と接触道で接触古武術人と衝突中心軸人とぶつかる古武道見切り合気道間合いインプラント禁忌歯科治療ガムピーリング歯のホワイトニングハグキの黒ずみ歯科治療審美歯科ホワイトニング歯肉の黒ずみブレイク話山崎ハコ別府葉子ストレス解消法歩行禅坐禅マザーテレサ修道女伊藤かよこインプラント注意点インプラントのメンテナンスインプラントのメンテナンスの紹介脱力最新の入れ歯神経ブロック注射腰痛腰痛手術インプラントのメンテナンスインプラントしない泣き方インプラントのメンテナンス腰痛歯科治療家

この内容で送信します。よろしいですか?