Original

腰痛はペインマトリックス? どれも一理ある? 腰痛歯科で考える。

腰痛の4大原因。これこそ腰痛歯科の仮説です。4つに分解するのが好き
なので、腰痛の原因、上位4つについて考えたいと思います。
原因に関しては解らなくても治療効果には関係ない。という理論もありま
すが、凡人としては原因は知りたいですね。

原因、只今の圧倒的な1位は関節の歪み、ずれ、関節部が腰痛の原因説。
整形外科では椎間板ヘルニアの病名が最も多いと思います。カイロプラク
ティックを含め主流であります。X線検査によって骨が観察できるよになっ
てから言い出されました。CT,MRIなど検査技術は日進月歩なので、整形外
科が主導する時代が続くでしょう。

次にわたしが現在、信奉している筋肉そのものが原因説。色々の関節のず
れは、筋肉の硬縮で引っ張られてずれてしまう。という考えです。従って
治療法は筋肉を自分の指で直接触って、筋肉を運動させて柔らかくすると
いう特許ものの治療法です。

姿勢が原因説。確かに現代人の姿勢は最悪といえるかもしれません。では
姿勢をよくする事が治療になるのか。実は逆効果です。姿勢を意識して正
すには、他の筋肉を使う必要があります。例えば、肩が前に出てしまう巻
肩とストレートネック。これを正すには肩甲骨あたりの筋肉で引っ張るし
かありません。新たなる筋肉痛の原因になっていまいます。

最近、注目されてきているのが心の問題。古くはストレス説、新しくは認
知行動学。脳の痛みを感じる機能は複雑で回路が混線しているという説で
す。極端にいえば脳のトラブルだから、うつ病と同じに考えれば良いので
はという、不届き者の仮説まであります。

目次

1)腰痛は現代病か?

2)腰痛は敵か?

3)腰痛歯科の意見

1)腰痛は現代病か?

どうやら20世紀以降に腰痛を訴える人が増えたようです。わたしの仮説
ですが、レントゲン検査。これはX線の発見によって可能になったのです。
実用化されたのは20世紀に入ってからです。つまり関節の変位が目で確
める事が可能になったのです。その延長線上にあるMRIによってレントゲ
ンで確認不可能だった軟組織の確認を可能にしました。MRIによって椎間
板ヘルニア、脊柱管狭窄症の診断を可能にしました。どちらも腰痛の原因
とされています。まったく原因ではないという意見もありますが。

レントゲン検査以前は心の病気、精神から腰痛になるとされていたようで
す。当時精神科があったのか知りませんが、このあたりから整形外科が主
権をとる事になったのでしょう。腰痛の場合、ほとんどの症例で関節の変
位があるためです。現在でも全国の病院で痛みの原因は関節の変位で説明
されているようです。


こらを簡単に例えれば器官部品説、腰椎という部品に問題があるので修正
すれば良い。外科手術がこれにあたります。
カイロプラクティックでいうマニピュレーション、これは昔からだの不調
を訴える人がいて、背骨を触ってみたら跳び出した所があった。指で押し
込むと症状は消えた。これがルーツだそうです。まさに部品の考えです。
これをマニピュレーションといって、いまでも施術されています。

2)腰痛は敵か?

これは人体機械説からくる部品説でしょうか。この延長にに臓器移植の考
えがあるのでしょう。臓器は部品なので悪い部品は変えければならない。
ドイツではすでに人口腰椎が開発され、交換手術がされているそうです。

対極の考え方として登場したのがホリスティック医学です。部分に固執す
るのはやめて、全体で観てゆこう。もっと俯瞰的な視点で考え、実践しよ
うです。極論すれば宗教まではいります。簡単にいえば、治すためには手
段は選ばない。害がなければよいのです。
この立場でいうと痛みは敵ではありません。重要なサインの一つです。
痛みという手掛かりを色々な方面の専門家が協力して、解決へ導くという
潮流です。時々によって、トレンドは変わるようですが。

3)腰痛歯科の意見

不遜な意見で申し訳ありません。わたしが思うには自分を含めて腰痛に対
して悲壮感を持ち過ぎではないでしょうか。
一部の内臓疾患、ガンなどでなければ、命の心配はほとんどありません。
むしろ、心が病めば自殺などの最悪な結果もありうるわけです。
落ち込むことは、百害あって一利なしです。

わたしの好きなサイトに腰痛漫談というのがあって良く読んでいます。お
もわず笑ってしまうセンスはすごいです。ぜひ観てみてください。

では腰痛になった時、どうすれば深刻にならずにすむのか。対処法を学ぶ
のが近道でしょう。第一選択は鎮痛剤。仕事が休めるなら安静です。仕事
を休まざる腰痛第一位はギックリ腰。わたしはトレーニングの結果、朝お
起きて発生しても2~3時間で歩行可能になれます。ゴム製の骨盤ベルト
を大腿骨の骨頭部に巻いて、特殊な体操をします。欠勤の必用はありませ
ん。

あとは深刻にならず、腰痛と付き合いつつ、根治療法を追及すれば良いの
ではないでしょうか。根治など、必用ないかもしれません。気にならなけ
れば、治ったと同じではないですか。

さくらの花の咲く日を夢見て

どき きよみ

どき きよみ

東京都江東区門前仲町 どき歯科医院院長  6年前から現在まで、腰痛と格闘中です。今は自らできる方法で治療中。凝り性なので、腰痛アカデミー(緩消法)のインストラクターになりました。 体験からエビデンスまで歯医者の目線で書いています。  口臭、くいしばりなど歯科に関連する記事もぜひ読んでください。

お問い合わせ

貴方の未来を応援したいです。 知っている事はお伝えします。 楽しく生きましょう。

「腰痛歯科」とは

どき歯科 どききよみ です
ブログのテーマ
【10分でワカルる健康テーマ】
【すぐできる口のニオイ教室】
【ようつう歴7年の小さな知恵】
こんな内容で、ネットにはない
情報を実体験の視点で書きます。
お役にたてたら、うれしいです。
みんなで楽しく生ましょう。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

企業情報

腰痛歯科口臭サプリサプリ副作用サプリ有害サプリ怖いサプリ試すサプリ試し方くいしばりくいしばり治療くいしばり対処腰痛治療腰痛治療法3た療法腰痛治療方針3た治療認知行動療法サプリ死亡サプリ検査高級サプリ舌ギザギザ口臭治療口呼吸力み解消肩こり解消くいしばり解消ミャンマーゲーム力み食いしばり力みのサイン囚われ食いしばり対策健康一般腰痛歯科コーディネーショントレーニング脱力呼吸null腰痛治療エビデンスエビ固め大野智マウンティングパピー作戦EBM腰痛歯科日本人世界一の日本人口臭口臭強い口臭マナー肩甲骨はがし肩の脱力肩の柔軟性脱力友達吉田類所ジョージ呼吸口臭ニンニク臭い口臭テスター嗅覚感応テスト口臭口臭センサータバコ婚活合コンエチケットマナータバコ臭体臭太田和彦危機管理ビジネスマナー異性にもてるよう腰痛腹巻水平足踏み緩消法口臭婚活b口臭エチケット歯科治療インプラントインプラント問題点インプラント禁忌歯牙破折インプラントの落とし穴よい歯医者とは破折歯破折歯保存治療再生治療歯医者の誠意インプラント事故インプラント問題点インプラント反対歯根破折歯保存治療重心重心中心軸古武術合気道人と接触道で接触古武術人と衝突中心軸人とぶつかる古武道見切り合気道間合いインプラント禁忌歯科治療ガムピーリング歯のホワイトニングハグキの黒ずみ歯科治療審美歯科ホワイトニング歯肉の黒ずみブレイク話山崎ハコ別府葉子ストレス解消法歩行禅坐禅マザーテレサ修道女伊藤かよこインプラント注意点インプラントのメンテナンスインプラントのメンテナンスの紹介脱力最新の入れ歯神経ブロック注射腰痛腰痛手術インプラントのメンテナンスインプラントしない泣き方インプラントのメンテナンス腰痛歯科治療家認知行動療法腰痛の原因認知行動療法腰痛の原因伊東かよこ坂戸の緩消法腰痛学校歯医者の選び方やがた歯科医院ベアボンドジブラルタルコーヒーブレイク話認知行動療法ぜんそくうつ読書療法腰痛歯科歩き方ウォーキング膝の痛み健康一般ブレイク話超一流ベアボンドエスプレッソコーヒー古武術なんば歩き忍者歩きクリニカルリーズニング江戸秀明理学療法腰痛歯科腰痛アカデミー認知行動療法伊藤かよこスメルハラスメント企業文化江戸秀明オーストラリアの腰痛治療腰痛歯科理学療法ホメオタシス日本ウォーキング協会軍人歩きモデルウォーキング腰痛歯科あるき方歩き方モデル歩き小町歩き抜き足差し足で口臭予防リラックス方口臭予防手の平の向きリラックス口臭抑制脱力日常三心モデル歩き安全な歩き方伊藤かよこ腰痛歯科腰痛は怒り口臭コントロールお勧めのハブラシ早く磨ける伊藤かよこグループ療法安心読書療法感謝の心悟りありがとう 御免なさい歩行禅歯ブラシのサイズ電動歯ブラシの盲点塩沼亮潤口臭歯ブラシ大きいハブラシ歯ブラシのひねり歯ブラシのコツ海老蔵口臭歯科エビゾー口臭コントロール歯ブラシ歯ブラシの匂い口臭口臭夜の歯ブラシ歯ブラシのタイミングフロスフロスの使い方歯ブラシのこつのど口臭Bスポット治療慢性上咽頭炎扁桃炎症口臭の原因口臭食事と口臭コントロール口臭唾液DRTカイロプラクティックリラックス口臭口の匂い歯周病咬む回数口臭舌姿勢訓練歯茎の見方歯ぐきの血管ギザギザの舌口臭予防口臭脱力と緊張こうs口臭ヘルスリテラシー口臭アドラー口臭高遠の紅葉高速路線バス高速バスのトイレ休憩高遠そば口臭予防エリクソン催眠岸正龍平本あきお