Original

歩き方は大事 その2

目次

 1)日本人の歩き方

 2)明治維新の歩き方

 3)江戸時代の歩き方

 4)腰痛患者2300万人の理由

 5)整形外科は満員

 6)対処法

 7)腰痛を自分で治したい人へ

日本人の歩き方

朝、公園に行くと沢山の人がラン
ニング、ウォーキングをしていま
すね。

ウォーキングは目標、7.000~
10.000歩にしているようです。

問題は、そのフォームです。
みなさんがご存知の歩き方は...

日本ウォーキング協会の推奨の歩き
方ですよね。
NHKはじめ、民放もこのフォームを
手本としています。

① 背筋をのばして
② 大きく腕を振る
③ 大またで、さっそうと
④ ヒザを伸ばして
⑤ かかとで、着地

問題は、かかと着地
これが、非常に危険と思います。

実は、この歩き方は、軍人歩きに似
ています。

明治維新の歩き方

明治の頃、日本は外国から陸軍のシ
ステムを輸入しました。

現在の日本人の歩き方は、それが始
まりのようです。

軍人あるきは、速く移動できます。
だから、競歩のフォームにも似てい
ますね。

これは、それまでの日本人の歩き方
とは、大きく異なるようです。

江戸時代の歩き方

江戸時代の歩き方は諸説あるようで
す。
なんば歩きだったという説もありま
す。

和服だったので、少なくても今の人
のように、大股歩きではありません
んね。

履物はつっかけ型だったから、かか
とからの、ガンッという着地では無
かったでしょう。

現在でも和服姿の御夫人をみると、
小またですし、すり足でもありませ
ん。

そして......
文献によると、江戸時代には腰痛は
非常にめずらしい事だったようです。

腰痛患者2300万人の理由

あなたが自転車に乗っているとして
ください。

走行中に棒を前方の道路に突いたら
ガンッという衝撃を受けますよね。

われわれの普段の歩き方は、そのミ
ニチュア版です。

一歩一歩、かかとに衝撃を受けてい
ます。

その衝撃は、ひざ、股関節、背骨、
首、頭、に響いています。

一回が小さな衝撃なので、本人は気
付きません。

しかし、7.000歩るけば、その分
の回数、衝撃が加わり、ダメージは
蓄積されるのです。

整形外科は満員

男性は腰にダメージが多く、女性は
肩(肩凝り)、首、頭(頭痛)に影
響が出るようです。

そんな理由で、整形外科のお世話に
なる人が絶えませんね。

取り合えずの対処法

実に簡単です。

かかとの衝撃を減らせばよいのです。

大股で歩くのを止めることです。

自分は和服を着ていると思って、そ
の場で足踏みの意識で、小股で歩い
てください。

急ぐ気持ちはぐっと堪えて、ゆっく
りと、ちょこちょこっと歩きましょ
う。

大股で、ガッシッガッシは危険です。

かる~い ブログはこちら
ときどきニュース

桜の花の咲く日を夢見て


腰痛を自分で治したい方へ

私は、長年腰痛に苦しんでいますが、自分
自身で行う治療法で回復しています。

日本橋に在る、腰痛アカデミーで指導を受
けています。(緩消法といいます)
最初は患者として習っていました。
どうせ自分でやるなら、プロの手になろう
とプロコースにも入りました。

そして今は、インストラクター(今も患者)
をしています。

2年半前は、1分歩くと痛みましたが、現在
は1時間ほどは歩けます。

加えて「伊藤かよこ先生の腰痛学校の読書会」
も参加しています。(認知行動療法です)
じぶんの思い込みを外すのが目的です。

具体的なやり方は
低山ハイキングをする。いわゆるグリーンリ
ハビリです。緑の環境はすごく効きます。
途中痛くなったら、自分で緩消法で治す。
再び歩き出す。なんだかんだで、完歩です。
やがて、すいすいと歩ける。

これが、わたしの腰痛治療計画です。
うまくいくと、いいのですが...

腰痛仲間として、アナタの悩み、苦悩を聞
きますよ。
秘密は守るので、愚痴ってもよいです。
​​​​​​​気兼ねなく、連絡してくださいませ。

         どき歯科医院院長 土岐清美






どき きよみ

どき きよみ

東京都江東区門前仲町 どき歯科医院院長  6年前から現在まで、腰痛と格闘中です。今は自らできる方法で治療中。凝り性なので、腰痛アカデミー(緩消法)のインストラクターになりました。 体験からエビデンスまで歯医者の目線で書いています。  口臭、くいしばりなど歯科に関連する記事もぜひ読んでください。

お問い合わせ

貴方の未来を応援します。 知っている事はお伝えします。 気楽にお問い合わせください。    楽しく生きましょう。


「腰痛歯科」とは

どき歯科 どききよみ です
ブログのテーマ
【10分でワカルる健康テーマ】
【すぐできる口のニオイ教室】
【ようつう歴7年の小さな知恵】
こんな内容で、ネットにはない
情報を実体験の視点で書きます。
お役にたてたら、うれしいです。
みんなで楽しく生ましょう。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

企業情報

腰痛歯科口臭サプリサプリ副作用サプリ有害サプリ怖いサプリ試すサプリ試し方くいしばりくいしばり治療くいしばり対処腰痛治療腰痛治療法3た療法腰痛治療方針3た治療認知行動療法サプリ死亡サプリ検査高級サプリ舌ギザギザ口臭治療口呼吸力み解消肩こり解消くいしばり解消ミャンマーゲーム力み食いしばり力みのサイン囚われ食いしばり対策健康一般腰痛歯科コーディネーショントレーニング脱力呼吸null腰痛治療エビデンスエビ固め大野智マウンティングパピー作戦EBM腰痛歯科日本人世界一の日本人口臭口臭強い口臭マナー肩甲骨はがし肩の脱力肩の柔軟性脱力友達吉田類所ジョージ呼吸口臭ニンニク臭い口臭テスター嗅覚感応テスト口臭口臭センサータバコ婚活合コンエチケットマナータバコ臭体臭太田和彦危機管理ビジネスマナー異性にもてるよう腰痛腹巻水平足踏み緩消法口臭婚活b口臭エチケット歯科治療インプラントインプラント問題点インプラント禁忌歯牙破折インプラントの落とし穴よい歯医者とは破折歯破折歯保存治療再生治療歯医者の誠意インプラント事故インプラント問題点インプラント反対歯根破折歯保存治療重心重心中心軸腰痛に古武術は効果合気道人と接触道で接触古武術人と衝突中心軸人とぶつかる古武道見切り合気道間合いインプラント禁忌歯科治療ガムピーリング歯のホワイトニングハグキの黒ずみ歯科治療審美歯科ホワイトニング歯肉の黒ずみブレイク話山崎ハコ別府葉子ストレス解消法歩行禅坐禅マザーテレサ修道女伊藤かよこインプラント注意点インプラントのメンテナンスインプラントのメンテナンスの紹介脱力最新の入れ歯神経ブロック注射腰痛腰痛手術インプラントのメンテナンスインプラントしない泣き方インプラントのメンテナンス腰痛歯科治療家認知行動療法腰痛の原因認知行動療法腰痛の原因伊東かよこ坂戸の緩消法腰痛学校歯医者の選び方やがた歯科医院ベアボンドジブラルタルコーヒーブレイク話認知行動療法ぜんそくうつ読書療法腰痛歯科歩き方ウォーキング膝の痛み健康一般ブレイク話超一流ベアボンドエスプレッソコーヒー古武術なんば歩き忍者歩きクリニカルリーズニング江戸秀明理学療法腰痛歯科腰痛アカデミー認知行動療法伊藤かよこスメルハラスメント企業文化江戸秀明オーストラリアの腰痛治療腰痛歯科理学療法ホメオタシス日本ウォーキング協会軍人歩きモデルウォーキング腰痛歯科あるき方歩き方モデル歩き小町歩き抜き足差し足で口臭予防リラックス方口臭予防手の平の向きリラックス口臭抑制脱力日常三心モデル歩き安全な歩き方伊藤かよこ腰痛歯科腰痛は怒り口臭コントロールお勧めのハブラシ早く磨ける伊藤かよこグループ療法安心読書療法感謝の心悟りありがとう 御免なさい歩行禅歯ブラシのサイズ電動歯ブラシの盲点塩沼亮潤口臭歯ブラシ大きいハブラシ歯ブラシのひねり歯ブラシのコツ海老蔵口臭歯科エビゾー口臭コントロール歯ブラシ歯ブラシの匂い口臭口臭夜の歯ブラシ歯ブラシのタイミングフロスフロスの使い方歯ブラシのこつのど口臭Bスポット治療慢性上咽頭炎扁桃炎症口臭の原因口臭食事と口臭コントロール口臭唾液DRTカイロプラクティックリラックス口臭口の匂い歯周病咬む回数口臭舌姿勢訓練歯茎の見方歯ぐきの血管ギザギザの舌口臭予防口臭脱力と緊張口臭予防ヘルスリテラシー口臭アドラー口臭高遠の紅葉高速路線バス高速バスのトイレ休憩高遠そば口臭予防エリクソン催眠岸正龍平本あきお口臭マナー口臭科学研究所微表情ゴッドハンド健康情報ゴッドハンド医者腰痛歯科腰痛の筋トレリハビリ小島央伊藤かよこ筋肉ドクター菊地臣一腰痛治療神道式呼吸法井手真理呼吸法井出真理健康寿命ひざ痛モデルウォーク踵接地寄痛アイアンジム歩行フォームインフルエンザ予防肺炎腰痛と歩き方大谷先生鼻呼吸舌がギザギザ舌むくみ舌のむくみ歯がしみる舌診坂戸孝志緩消法腰痛歯科認知行動療法  舌ギザギザ顎関節症石灰化した筋肉緩消法緩消法体験記緩消法指導脱力トレーニング足首抜き舌がギザギザ鴨谷洋隆和身塾小島央腰痛歯科低体温は危険サイン川島朗舌下静脈が見える天然水清正の井戸久遠寺の水クイシバリ対処法腰コンディショニングトレッキング弘法山里山ハイキンググリーンリハビリご霊水富士浅間大社身延山健康一般湧き水失体感症ハブラシトレーニング肩こり緩消法伊藤かよこ腰痛アカデミー腰痛を自分で治す